スポンサーサイト

  • 2015.10.23 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    北銀研修旅行in金沢

    • 2015.10.12 Monday
    • 11:46
    北銀研修旅行in金沢
    お決まりの一泊二日の旅は今年北陸新幹線が開通した金沢へ向かいました。
    JR車両には今ではあたりまえ? のコンセントが全部に取り付けられて居るようですが
    残念なのはWiFiが無かった。調べてみると北陸までの約半分がトンネルと言う事も
    あって環境設備が整っていないようです。


    金沢駅












    こちらは金沢駅。 東広場には金沢を訪れる人に差し出す雨傘をイメージし、
    おもてなしの心を表わしたガラスのドーム「もてなしドーム」があります。
    地下には情報コーナーやイベントスペースがあり、多彩な催しが行われます


    金沢
    長町武家屋敷では沢山の土産品がずらり。
    自宅からのからのリクエストで田中屋のきんつばを購入

    金沢 兼六園
    兼六園の一枚



    只今より天徳院のからくり人形を見てきます。


    周遊観光バスのガイドさん。よく観ると芸能人誰かに似ていませんか ?
    数十分おきにバスは動くと言うことですが、時間に遅れると決して待っては
    くれません。ガイドさんはいつも出発時刻の紙を振り上げていました。



    今夜の晩餐会
    12二人の御一行様はホテルからたった5分の洒落た居酒屋7000円飲み放題しかも
    のどぐろの煮付けもコースに入っています。でも、、、、、、、、、悲しい


    あれだけ飲んでも金沢の夜は長い         
    横道に入るともう一軒。去年のシャングリラが頭をよぎります。
    マスターの本を片手に一枚。田舎物の御一向は知ってか知らずか
    聞きなれないバーボン・ウイスキー・カクテル等良く飲みます。


    朝食はご飯控えめ勿論お代わりは無し。
    ホテルは駅の真ん前地の利が良くお勧めです。
    昼・夜の繁華街へ歩いて行けそうです。


    金沢城で一枚。


    一晩明けて、今日は一路岩手の帰宅。ですが近江町市場でホタルイカ
    の塩辛等お土産かって一安心。ランチには海鮮丼を頼む人・やっぱり
    王道12巻のにぎりの人等北陸の味を堪能しました。



    2,160円也





    旧田島家合掌造り民家




    世界文化遺産の白川郷
    旧田島家合掌造り民家にて、白川村内では行われなくなった
    養蚕の再興を試みています。
    村内唯一の養蚕をテーマとした展示館です。

    今年一番に熱い北陸・皆さんも是非行ってらっしゃい !!
     

    2012 研修旅行

    • 2012.10.30 Tuesday
    • 08:32
    昨年は見送られた研修旅行でしたが。今年はハンバーガーを食べに
    横須賀へ。そのついでに ? 華のお江戸「東京スカイツリー」に決まりました。

    水沢江刺駅発はやて102号に乗り込んだのは良かったが、
    前を走る列車で車両故障の為点検とやらで、約2時間の足止めです。
    そこからはスーパー添乗員は大忙しです。横須賀バーガーの店に電話を
    かけてオーダーを完了。遊覧船に無事乗ることが出来ました。

    ネットで調べた横須賀バーガーは予想以上にデカイ!! 一人では食べきれな
    大きさに皆ビビる。ビールで乾杯はしましたがやっぱりハンバーガーにはコーラですよネ。







    天気はよく観光日和です。
    沖に出ると波は高くなり、お昼のビールが、、、、、、。



    夜は総勢13名で宴会です。会員の大半が飲ん兵で酒豪とくれば宴会が
    盛り上がらない訳が有りません。  私は聞いたこともない全国の日本酒・
    焼酎を味わいながら飲み比べです。


    基本、団体行動はここまでで、飲み足りない面々は更に闇夜に消えていき、
    私のグループはトレンドに乗って東京駅へ向かいます。


    2012年10月東京駅が「丸の内駅舎復元工事にあわせて、日本の表玄関に
    ふさわしい、歴史と先進性加瀬融合した魅力あふれる駅に生まれ変わりました。


    眠らない街東京。全国から東京駅を一目見ようと大勢来ています。
    カップル・親子・そして中年男3人です。


    せっかくなので、東京駅構内のこじゃれたバーでバーボンとスパークリング
    ワインで乾杯です。こんなしゃれたお店は始めてです。


    酔いもだいぶ回ったのでお店を出ると、レストランのメイドさん?が居たので
    記念に一枚入ってもらいました。


    東京駅には、時の総理大臣「原 敬」が暗殺された場所が記されています。


    今日はいよいよスカイツリー。スーパー添乗員のお陰でチケットは取れています。
    しかし展望台へは約1時間、じっと辛抱です。




    エレベーターは4基ありそれぞれに素敵なデザインが施されていました。




    450メートルは何か実感の湧かない世界です。私には東京タワーの景色がいいみたいです。




    予約の蕎麦屋にはまだ時間があるので童心に変えって水族館へ。


    食通のご一行は蕎麦屋に入るなり先ずはビール。

    20人程しか入らない店内は先客のお客様に気を使いながらも蕎麦ぶる舞です。
    店を出る頃には本日は閉店となりました。ランチは9名でお店の蕎麦を全部食べ
    たみたいです。 (食べてた時は確か9人)
     

    新日本風土記

    • 2012.03.28 Wednesday
    • 21:28
    毎週楽しみにしている番組「新日本風土記」で、生野コリアンタウンが
    放送されました。また ちょうどのタイミングで大阪の出張と重なり
    商談会の翌日は学生時代住んでいた東大阪を懐かしみ、散策に行ってきました。




    環状線の鶴橋駅と桃谷駅の間にある商店街で、キムチやチヂミなど
    韓国食料品店や飲食店、民族衣装の店が300m程の通りに約150
    店舗が軒を並べる。(商店街は火曜日が休みが多く、ちょっと寂しい感じ)
    店頭には民族衣装のチマチョゴリが所狭しと並んでいます。



      
    商店街の門をくぐり直ぐに、チジミ専門店?が有りました。


    韓国と言えばキムチ。こういう「キムチ専門店」が商店街には沢山有ります。

         

      また 露店ではいい臭いを漂わせ「骨付きカルビ(小)」を頼むと
       焼きたてを2切れ500円でその場で食べる事も、、、、。 

         
     せっかくなので私は、カルビ(小)にナムルの盛り合わせ300円を
       頼みほろ酔い(ビール1本)気分に。 

     
    ここでお会計の予定でしたが、目の前には噂の「生マッコリ」の文字。
    せっかくなので一杯だけ(デカイ湯呑茶碗)ご馳走になりました。   

          

          
    帰りは気の向くまま歩いていると近鉄奈良線鶴橋アーケード街に到着。


           昭和の空気漂う楽しい時間でした。
     

    広州の旅 番外編

    • 2012.01.25 Wednesday
    • 14:27
    番外編と言う事で、皆んなは二連ちゃんの足裏マッサージの間、
    ホテル近くをお散歩です。
    何分、物騒な街と言われていますが、、、、。

        プチアメ横を思わせる街並みが100m程続きます。




    ここは大通りですが、リヤカーを引いた行商が焼き栗・
    果物・木の実など売り歩いています。




    通りを一本入ると、年期の入ったマンションが目に入ります。
    窓にはびっくりするほどの鉄格子。治安の悪さが伺えます。


    文字を見ても解りませんが、店を覗くと理髪店の様です。

      

    店の前には5人程並んでいます。時計を見るとPM4:30を回ったところ、
    近づくと中華食材を売る店です。6坪足らずのお店では社員3人でワンタン
    の皮・餃子・シュウマイ・うどんにラーメンと忙しそうです。
    お客に交じって業者さんも仕入れに来ています。






    お母さんと一緒にサッカーをする子供。
    カメラを向けるとボールそっちのけでパチリ。


    のどかな風景です。自転車にリヤカーを付けたような運搬車。
    木陰で昼寝をするお爺さん?
    また行く機会があったら、今度は屋台の料理も食べたいものです。
     

    広州の旅 料理編

    • 2012.01.24 Tuesday
    • 16:22
    奥深き中華料理
    中国の人口は現在13億人、また日本国土の25倍もある大陸です。
    広大な中国は地方により気候が様々。その気候に合わせて特色ある
    料理が生まれています。




    日本でもよく見かける円卓テーブルですが、なぜか新鮮なのはどうして
    でしょう? チャイナドレスのお姉ちゃんだからでしょうか?
    カメラの電池が切れたので。最近の携帯(カメラ)は凄いと言うけれど
    照明や動き物にはやはり追いつけません。



    飲茶のスタートです。
    料理が来るとカメラそっちのけで食べまくります。長崎でも食べた事が
    有りますが飲茶って本当に美味しいですネ。


    ホテルの朝食はいつもこんな感じです。
    バイキングは嬉しいのですがつい食べすぎてしまいます。


    一緒に旅行に行ったK・Kさんは、いつも日本食が恋しくなると
    「丸三屋ののりたま」を欠かさず持ち歩くのだそうです。




    レストランは落ち着いた雰囲気だし、
    パティオで食べる朝食は格別でした。

    昔から「食は広州に在り」といわれるほど食材が豊富で、
    調理方法も数多くあります。特に広東料理は最高です。
    油をふんだんに使い、素材の持ち味を活かすために、
    味付けはさっぱり。日本人にはぴったりです。


    最初はマーボ豆腐か思いましたが違います。日本人にもなじみのある味と香り、
    絹ごし豆腐を油で素揚げし、海戦スープで煮込んでいます。ビールがとにかく
    進みます。


    広州の最後は広東料理(?)のオンパレードです。
    料理名は何度も通訳のヨウさんに聞くんですがさっぱり解りません。


    今思うとそうなんです。上の写真や下の写真も料理の逸品か?
    とても怖くて聞けませ-ん。


    次回は広州の街を散策します。